グロースファクター(細胞増殖因子)とは?

肌の真皮(角質の奥)に元々ある「グロースファクター(細胞増殖因子)」が減ってしまうと、ハリや弾力がなくなり、
毛穴がどんどん開いてしまうということがわかりました。
グロースファクター(細胞増殖因子)は25歳頃から急速に減ってしまい、30代では30%、40代では40%も減ってしまうそうです。
その減ってしまったグロースファクターを増やすことができれば、ハリが戻り、毛穴も持ち上がるというわけです。
グロースファクターはどんどん減ってしまいますが、美容液でそれを補うことが出来るようになっています。

 

グロースファクターを肌の奥に届けるというのは元々は「ドクターズ・コスメ」といわれるジャンルの化粧品に用いられることが多かったですが、
最近では、敏感肌の人がとても増え、肌トラブルを起こしやすかったり刺激に弱い肌に悩む人も増えてきました。

 

そこで、グロースファクターを刺激なく肌に届ける「リポソーム」技術を使ったリルジュリカバリィエッセンスのような美容液が出てきたんですね。

 

 

 

>>リルジュリカバリィエッセンス 初回一週間のお試しが999円で買えるのはこちら<<